MENU

総量規制とは?

改正貸金業法の総量規制とは個人の借入総額が原則、年収3分の1までに制限される仕組みです。貸付には、

 

 

  • 個人向け貸付
  • 個人向け保証
  • 法人向け貸付
  • 法人向け保証

の4種類があり、総量規制の対象は「個人向け貸付」のみです。個人が事業用資金を借り入れた場合は総量規制に含まれません

 

貸金業法は2006年12月に成立しましたが、貸し手や利用者の影響を考慮して段階的に施工され、2010年6月に総量規制を含む全ての規定が施工されました。「原則、年収3分の1」というのは、総量規制対象外の借入や総量規制のじゃ外や例外になる個人向け貸付があるからです。

総量規制対象外の個人向け貸付

総量規制に含まれない総量規制対象外の個人向け貸付は、

 

 

銀行法で規制される銀行からの借入(カードローンを含む)です。銀行は貸金業法で規制されませんのでそもそも総量規制対象外です。


総量規制の除外に当たる個人向け貸付

総量規制の除外に当たる借入とは、貸金業者からの借入に含まれないとする借入の事です。要するに年収の1/3に収めなくてはいけない借入に含まれないという事です。以下の借入がそうです。

  • 不動産購入のための貸付
  • 不動産に改良するための貸付
  • 自動車購入のための自動車担保の貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保の貸付
  • 不動産担保の貸付
  • 手形の割引
  • 売却予定不動産の売却代金によって返済できる貸付
  • 金融商品取引業者が行う500万超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

などです。

 

 

要するに銀行以外からの上記の借入を含まない借入=ノンバンクからの使途自由な借入


と言う解釈が出来ます。上記の中でも不動産購入のための貸付、要するに住宅ローンはほとんどが銀行のものを利用しているケースが多い為、そもそも総量規制対象外です。

 

注意しなければならないのが自動車購入のための自動車担保の貸付、要するにマイカーローンですね。3年〜5年は返済期間があるので、カードローンを申込む時には頭の中にあるでしょうし、

 

 

信販会社のものが多い(自動車メーカー系列会社のローンも総量規制の対象金融業者)ので、もちろん総量規制の適用範囲に入るんじゃないか?


と考える方も多いので、マイカーローンは総量規制の適用範囲から除外されるということを覚えておきましょう。

 

ただし、用途は自動車の借入に使っても自動車を担保に取られていない貸金業者からの借入(フリーローンで購入不足分補充など)は総量規制の適用範囲となります。

 

貸金業者の貸し過ぎや債務者の借り過ぎを防ぐ目的の法律ですので、生活するのに必要経費とみなされる有担保ローン(住宅ローンやマイカーローン)や、生きるうえで必要なローン(高額医療費など)は除外されています。

総量規制の例外に当たる個人向け貸付

総量規制対象外の個人向け貸付に対して総量規制の貸付残高には含まれますが、例外的な貸付と認められるのが次のような場合です。

です。総量規制の例外を利用すると、年収3分の1を超えてもノンバンクは貸せることは出来ますが、

 

 

返済できる能力があるかどうか判断してから貸付されることになる、若しくは適用しないなど金融業者側の自由になりますので必ず借りれるというわけではありません


総量規制は貸金業者(ノンバンク)からの借入が対象なので、銀行法によって規制される銀行貸付は含まれません。よって銀行のカードローンも、通常の銀行の借入と同じ扱いなので総量規制には含まれません。しかし、

 

 

低金利な分審査の厳しい銀行カードローンが総量規制の範囲を超えて貸してくれるわけではありません。


貸金業者からの借入に仮に連帯保証人がいても、個人の総量規制以上の貸付を貸金業者はしません。年収3分の1以上の貸付を例外や対象外を除く場合で行い、総量規制に違反した場合は、貸金業者は行政処分の対象となります。

 

貸金業法はその名の通り貸金業者を規制する法律なので、借入している方にはもちろん罰則はなく、新たに貸金業者からの借入ができなくなるだけです。

総量規制対象外の定番銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.89〜7.99%
限度額 最高 1,000万円

総量規制対象外で専業主婦申込可能な定番銀行カードローン

総量規制の例外で配偶者貸付というものがあります。これは、

 

 

収入のない専業主婦(主夫)でも、収入のある配偶者と併せて年収の1/3まで貸しても良い


という専業主婦の借入の救済措置なのですが、実はこれを利用して専業主婦への貸付を積極的にしている貸金業者は皆無なのです。なぜなら、

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書を預からなければならない
  • 収入のある配偶者との関係を証明する書類(住民票など)を預からなければならない

以上の事務的手間が発生するとともに、

 

 

申込者が書類を用意するにあたり、配偶者(旦那)に申込がバレてしまう


ことにより、専業主婦のニーズがなくなってしまう為です。ですので消費者金融では専業主婦の申し込みを受け付けていません

 

そうなると総量規制対象外の銀行カードローンに申込む事になりますが、すべての銀行が収入のない専業主婦の申込が出来るわけでも、旦那に内緒で申込めるわけでもありません。ですから、

 

 

以下の専業主婦用小額借入枠のある銀行カードローンであれば電話連絡なし・収入証明なしで専業主婦でも旦那さんに内緒で申込めます


専業主婦用小額借入枠のある銀行カードローン

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円
スターカードローン【東京スター銀行】

金利 年利 4.5%〜14.6%
限度額 10万〜500万円以下

金利 年利 4.3%〜14.8%
限度額 最高 30万〜500万円

総量規制の例外で使える大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 4.7%〜18.0%
借入限度額 最高500万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

総量規制対象・対象外のキャッシング

総量規制対象のカードローン

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル

など消費者金融、信販会社などのノンバンクのキャッシングが総量規制の対象となります。

総量規制対象外のカードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • MR.カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • りそなプレミアムカードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローンセレカ
  • じぶん銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • セブン銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 北洋銀行カードローンスーパーアルカ
  • 仙台銀行スーパーカードローンエクセレント
  • 常陽銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
  • ちばぎんカードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • 新生銀行カードローンレイク

などの銀行カードローンが総量規制対象外のキャッシングになります。

更新履歴